インテリアにこだわる男性必見! 見逃しがちなトイレのオシャレの方法をプロに聞きました

男をアゲるトイレの作り方を解説

自分の住まいをオシャレに彩るインテリア。家具や小物のチョイス、配置などで、室内を自分好みの素敵な空間にカスタマイズするのはとても楽しいもの。しかし、お部屋の家具やカラーにはこだわっていても、トイレはそのままになっている男性も多いのでは? そこで、今回はインテリア&プロップスタイリストの窪川勝哉さんに男性のトイレをオシャレに見せるコツを伺いました。

トイレも自分好みにデザインするのが重要な理由とは?

トイレは、お客さまがいらっしゃった時に使用される機会が多いため、実は結構見られている場所です。ただリビングとは異なり、長い間いる場所ではないので、ほとんど入居した時のままでインテリアも特にこだわっていない…という方も多いのではないでしょうか。

ですが窪川さんは、男性のトイレにおけるインテリアの重要性を指摘します。

「トイレは家の中で独立した小さい空間なので、リビングなどに比べると見逃がしやすい場所でもあり、インテリアに無頓着な男性は多いでしょう。例えばトイレがきれいでオシャレな飲食店に行くと、『こまやかなところにまで演出や気配りが行き届いていて、いいお店だな』と感じますよね。一方、トイレが殺風景なお店に対しては『特にこだわりのないお店なんだ』と思うはず。そんなふうに、インテリアやオシャレによって、入る人が楽しい気分になったり、がっかりしたり…と与える影響が大きい場所がトイレなのです。また、毎日使う場所なので、インテリアに気を使っておくと楽しく過ごせるはずですよ」(窪川さん)

今回の記事では、窪川さんから教えていただいた「男性向けトイレをオシャレにする方法や事例」を紹介します。

これさえ守ればOK! 男前トイレの3カ条

窪川さんに男性がトイレをオシャレな空間にコーディネートして、“男前トイレ”にするためのポイントを3点教えていただきました。

①トイレを立体で考え、壁を活用する

「トイレは狭い場所なので、リビングなどのように“オシャレなインテリアグッズを床に置いて飾る”という方法は難しいと思います。ただし、トイレの床は1面しかありませんが、壁は4面あります。つまり、トイレという空間を立体で考えると、床より壁のほうが広いので、壁を活用することでトイレのイメージを大きく変えることができるのです。壁紙の色や柄を変えたり、自分で貼れるウォールステッカーを使ったりして、トイレの壁をデコレーションしてみてはいかがでしょうか」(窪川さん)

トイレを立体で考え、壁を活用する

②光や音、香りなど五感に訴えるものを活用する

「インテリアというと、家具や小物を飾ったり、壁や床の色柄にこだわったり…という印象が強いかもしれません。でも、空間を彩るという観点では、光や音、香りなども重要なポイントです。こういった五感に訴えかけてくる要素は空間を支配しやすく、シャットアウトしづらいので、なおざりにしておくと『暗い』『うるさい』『臭い』などの不快感にもつながってしまいます。その分、ちゃんと気を使えばオシャレさや快適さを上手に演出できるでしょう。例えば間接照明を使用したり、好きな音楽やアロマを取り入れたりしてみるのがおすすめです」(窪川さん)

光や音、香りなど五感に訴えるものを活用する

③「入ったとき」と「座ったとき」にアイキャッチになるものを飾る

「トイレは独立していて、あまり他人には見られない場所だからこそ、インテリアで個性を出して遊ぶには絶好の場ともいえます。そのため、自分の趣味のものや好きなものを飾るのもいいでしょう。その場所としては、“トイレに入ったとき最初に目に入る位置”と、“トイレに座ったときに目に入る位置”の2ヵ所を意識するといいでしょう。トイレは入ったときと座るときで目線の向きが変わるので、その2ヵ所にだけでもアイキャッチになるものを飾っておくと、トイレで過ごす時間も楽しめると思います。自分が持っている趣味のアイテムなどを使えば個性が出せますし、わざわざトイレのインテリア用にアイテムを買いそろえる必要もありません」(窪川さん)

「入ったとき」と「座ったとき」にアイキャッチになるものを飾る

タンク上のスペースにご主人の好きなキャラクターが鎮座しています。壁の色や便器の色も、キャラクターの色にあわせ、こだわりの空間になっています。

真似したくなるトイレの事例集

ここからは窪川さんに教えていただいた3つポイント抑えた男前トイレの事例をご紹介します。トイレリフォームを考える際は、ぜひ参考にしてください。

真似したくなるトイレの事例集

「モノトーンでまとめたスタイリッシュなトイレ。市松模様の床と、壁紙がアクセントになっています。重く、閉鎖的になりすぎてしまわないよう、一面の壁は白にしたところが良いバランスですね」(窪川さん)

真似したくなるトイレの事例集2

「照明がペンダントライトだったり、和箪笥が置かれていたりと、意外な組み合わせが面白いトイレ。この意外性は参考になりそうです。ペンダントライトの光と陰が壁に良いアクセントをもたらしています」(窪川さん)

真似したくなるトイレの事例集3

「黒のクロスで引き締めた空間に、白の手洗いカウンターとが引き立っています。壁の一部に黒が入ったことで、力強さも感じられる男前なトイレになっていると思います」(窪川さん)

オシャレのためには思い切ってリフォームもあり!?

トイレは収納が少なく生活感が出やすいなどの理由で、インテリアへのこだわりはつい後回しになりがち。でも、トイレをオシャレにすることで、毎日の生活がもっと楽しくなるはずです。

独立している空間なので、大胆なインテリアへのチャレンジも可能で、さらにコンパクトなスペースだからこそ、気軽にリフォームできるのもトイレの良いところ。思いきってトイレをリフォームして、こだわりの空間を作り上げるのもいいかもしれません。例えばサティス Gタイプなら6種類ものカラーが用意され、個性的なトイレ空間を実現できます。イメージを自由に膨らませて、トイレをオシャレな空間にしましょう。

▼CHECK
トイレ空間はここまで自由になる!ここまでオシャレになる!

サティスのカラーバリエーション

KEYWORD関連するキーワード